男なら風俗へ一度は行け

やはり特別なものだと実感した

やはり風俗は自分の中で特別なものなんだなってことを改めて実感したかなと。何だか少し偉そうなことを語ってしまっていますけど、ふと思ったのは自分の中でですけど、風俗がここまで特別なものになっているのは、それだけ日常生活の中で刺激的なことがないからこそなのかなって思ったんですよね。日常生活といえば職場と家の往復のみ。これでは残念ながら刺激なんて有り得ませんよね。だからこそ風俗がとっても貴重であり、特別なものでもあるんですよね。特に風俗の場合、何気にいろいろなことを楽しめるのもありますし、自分から組み立てられるじゃないですか。風俗店側のサービスを享受するだけじゃなく、自分でいろんなことを楽しめるんです。これって何気に風俗だけのサービスですよね(笑)自分で女の子を決めて、自分で内容まで決められるんです。これって、なかなか有り得ないんですよね。でも、日常生活の中で有り得ないことを楽しめるのもまた、風俗の醍醐味の一つですね。

影がある。そんな所が良かった

彼女は間違いなく美人。その点は間違いないというか、本当に美人風俗嬢だったんですけど、それよりも特筆すべきは彼女の雰囲気なんです。彼女は美人ではあるんですけど、明るい雰囲気の美人風俗嬢じゃなくて、どこから暗い雰囲気と言うか影のある雰囲気の美人だったんです。ドラマとか漫画なら、ヒロインではなく、途中でいなくなって存在感を見せつけるかのような、ちょっと暗い雰囲気の美人。でもそれが良かったんです。どんなプレイになるのか、正直自分では全然想像出来なかったんですよね。だから本当に楽しみでした。どんなプレイになるのか想像出来ない風俗嬢とのプレイ。それだけでも男からすればドキドキと言うか、期待感が膨らむじゃないですか。それに、暗い雰囲気ではあるものの、彼女はルックス、スタイルに関しては超がつくほどの一級品。なんでこんなハイレベルなルックスなのに暗いんだろうって思うレベルですけど、むしろそれが良かったのかなって。